2015-2016年度 2740地区グローバル奨学生 活動報告


2015-2016年度 2740地区グローバル奨学生 朝重耕一さん 第2回報告

 渡米し、はや5ヶ月が過ぎました。アメリカの環境にもだいぶ慣れ、大きなトラブルなく日々の生活を送っています。家族も無事に8月末に到着いたしました。  私は現在、遺伝子組み換えマウスを用いて肺癌の進行、抑制に関わる遺伝子の働きを調べる実験の日々を送っています。また、研究室では、肺癌以外の肺疾患に関する研究も盛んに行われていますので、サブテーマとしてその研究も進めています。これらの研究は、近年開発され大きな注目を浴びた「CRISPR/Cas system」という、遺伝子を、研究者が設計した通りに編集できる夢のような手法を駆使しながら取り組んでいます。

グローバル奨学生 朝重耕一さん
実験室での一コマ
 研究に疲れた時には研究棟の最上階(14階)にあるテラスに出て気分転換をしています。この辺りは山がありませんので、遠くまで見渡すことができます。

グローバル奨学生 朝重耕一さん
この日のためにお揃いのTシャツを作成してありました
 シンシナティはドイツ文化の影響から、古くからビール醸造が盛んで、近年 micro brewery(小さなビール醸造所)がたくさん出来ています。いくつかの醸造所を巡ることが観光の一つとなっており、シンシナティロータリークラブが主催されたツアーに招待いただきました。もともとビールが大好きな私は喜んで参加してきました。1日で5つの醸造所を巡りましたが、どの醸造所もそれぞれのこだわりを持って美味しいビールを提供されていました。しかしこちらの方は男女を問わずよくお酒をお飲みになります。

 また先日は、American Cancer Societyが主催して、全米に渡り各地で行われている「making strides against breast cancer」にロータリーの方々と参加してきました。ピンクリボンキャンペーンの一環ですが、乳がんに対する知識のの普及、乳がんに対する研究、治療の更なる発展などを目的としています。
 アメリカでも女性における乳がん患者は多く(乳がんによる年間死亡者数は肺癌に次いで第2位)、近年の治療法の進歩により年々患者数は減少傾向にありますが、まだまだ根治には至らないという現状です。

グローバル奨学生 朝重耕一さん
この日もお揃いのTシャツで

 シンシナティロータリークラブはこういったイベントをたくさん催されており、今後も可能な範囲で積極的に参加しようと思っています。
 シンシナティは短い秋が終わり、一気に冬に向かっています。氷点下20〜30度になる事もあるようですが、無事に冬を乗り越えられればと思っています。



グローバル奨学生 朝重耕一さん 第2回 活動報告 [PDF版]

第1回報告はここをクリック    朝重耕一さんのプロフィール





2015-2016 RI Theme



ロータリー財団


Rotary Card
申込み手続きはここから

ガバナー事務所

所在地 :
〒847-0012
佐賀県唐津市大名小路1-54
唐津商工会館5階503号室
電 話 : 0955-72-5375
F A X : 0955-72-5376