2019-2020年度 地区運営方針 チャレンジしよう! (変化、活性化、つながる、伝える)


 変化、活性化
 1.アンケート調査による結果を次年度事業計画作成(会員、会長幹事理事会)
 2.クラブ協議会、公式訪問におけるアンケート調査結果の評価(G補佐、G)
 3.長期計画推進(地区及びクラブ戦略計画委員会)
 4.財団寄付推進、寄付ゼロクラブゼロの継続、DDF活用(地区財団委員会、クラブ)
 5.規定審議会への提案(クラブ、地区)
 6.柔軟性はあくまでも中核的価値観の範囲内の変更で行う。(クラブ)

 奉仕プロジェクト
 7.ロータリーを知る「基本理念委員会」
 8.ポリオ撲滅バザー募金 (地区大会にて)
 9.社会・国際奉仕プロジェクト推進(クラブ会長・幹事・理事会、財団委員長)
10.海外姉妹クラブとの交流(クラブ)
11.グループ内クラブ交流
   (会長幹事会隔月例開催、クラブメーキャップツアー、ガバナー補佐)

 つながる
12.家族、地域の例会参加(クラブ)

 育てる
13.次世代若いリーダー育成(クラブ)
14.交換学生、奨学生、青少年保護、および事案報告体制(クラブ、ガバナー)

 伝える
15.「ファシリテーション・メソッド」の活用(地区セミナー、クラブ)
16.SNS活用(クラブ、公共イメージ委員会)
17.ロータリー情報:My Rotary ,Club Central, RI情報、
  規定審議会情報(地区公共イメージ委員会)

■ 会員増強の目標    会員 50人未満のクラブ  純増 1名
            会員 50人以上のクラブ  純増 2名
■ ロータリー財団への年次寄付目標   一人平均 150ドル/年間
■ 米山記念奨学会への年次目標     一人平均 16,000円/年間


==== ガバナープロフィール ====