ロータリーの奉仕・参加促進
2018年10月 つながり、協力、そして奉仕
ロータリーの「経済と地域社会の発展月間」 :人びとのエンパワメント
国連によると、2016年から2030年の労働市場で、新規労働者に必要な仕事の数は、世界で4億7千万とされています。失業、不完全雇用、ビジネスの機会・職業研修・社会保障の欠如は、貧困を引き起こす深刻な問題です。貧困を減らすには雇用機会の創出と収入源の確保が必要です。特に、女性、障害者、若者、貧困層の人びとのエンパワメント(社会における地位向上)は、持続可能な経済的・社会的発展のカギとなります。

世界各地のロータリークラブは、経済と地域社会の発展をめざす活動に取り組んでいます。地域社会のニーズはそれぞれ異なるため、奉仕の活動内容も変わってきます。10月はロータリーの「経済と地域社会の発展月間」です。これを機にそれぞれの地域社会で行動してみませんか。以下は活動例です。

スキル研修とリーダーシップ研修、就職に役立つネットワークを若者に提供する。

女性起業家に小口融資と金融研修を提供する。

農業・畜産業の機会を妨げる要因を割り出して、農業生産の維持と増加を促す。

「Adopt-a-village(村の自立支援)」プロジェクトを実施し、一定の期間内で地域社会の自助自立能力を高める。

その他の詳しい情報は、ロータリーの資料「経済と地域社会の発展プロジェクト戦略」を参考にしてください。クラブと地区用に作成されたこの資料では、ニーズの見極め方、現場の声に耳を傾ける方法、時間や実行力、リソースを最大限に活用する方法が紹介されています。
「ロータリアン行動グループ」の専門家と協力する
 
奉仕のパートナーと協力して地域社会の発展プロジェクトを実施する
 
  • アショカと協力し、世界規模で活動するチェンジメーカーとともに、社会問題への革新的な解決策を模索しましょう。
  • ハビタット・フォー・ヒューマニティと協力し、「住まい」を通じて、暮らしの基盤を固め、人びとの自立を支援しましょう。
  • 米国平和部隊(Peace Corps)と協力し、 平和と地域社会の発展を推進しましょう。
  • シェルターボックスと協力し、災害救援に取り組みましょう。同団体は現在、経験を積んだ救援チームへのボランティアメンバーを募集しています。同チームは、緊急シェルターや救援物資を最も必要としている人びとの援助に当たります。ボランティアへの応募締切は11月30日です(詳細)。
ブログ紹介
ホームレスへの偏見をなくす

台北錫口ローターアクトクラブ(台湾)の会員たちは、地元の路上生活者たちの複雑な問題を人びとが理解できるよう、Stone Soupプロジェクトを立ち上げました。この活動では、会員が家族や友人、市民と一緒に食材を調達・調理して弁当をつくり、ホームレスの人びとに配っています。また、ホームレスの人びとの声に耳を傾けることで、それぞれが抱える問題を理解しようとしています。

職業奉仕:倫理的ジレンマについて考える
   

「職業奉仕」は、職業上の高い倫理基準を保つことをロータリアンに呼びかけています。この理念の実践にあたり、倫理的ジレンマに直面することもあるでしょう。このような場面で最善の対処法を見極める上で役立つのが「四つのテスト」です。

あるクラブは国際奉仕活動に消極的で、海外のクラブと一緒にプロジェクトを実施したことがありません。クラブは新しい協力関係づくりに取り組もうと、海外から会員を招待することに決めました。このクラブの会員Aさんは、国際大会で出会った会員に連絡を取り、先方のクラブの会員数人を招待しました。来日が決まり、Aさんは仲間の会員とともに訪問客の滞在予定を組んでいます。滞在中、クラブが地元で行っている活動を知ってもらうために活動に参加してもらおうと思っています。また、地元の文化を体験してもらうために観光も組みたいと思っています。そんな時、旅行代理店で働く会員が、地元の観光を含む特別ツアーの話を持ちかけました。このツアーの費用はクラブが負担します。あなたは、同様のツアーでこれよりも安いツアーを見つけましたが、この会員は、自分の旅行代理店が提供するツアーを使うべきだと譲りません。

あなたならどうしますか?

国際奉仕に参加する
国際奉仕への参加は、多くの場合大きな挑戦かもしれません。そんなとき、地球規模に広がるロータリーのネットワークの中で、自分が支援するプロジェクトを見つけるのに役立つのが「プロジェクトフェア」です。最近では、補助金の受領資格の条件に変更が加えられ、このフェアにも参加しやすくなりました。

ロータリー財団管理委員会の最近の決定により、地区がプロジェクトの協同提唱者を探す目的で「プロジェクトフェア」に参加するための旅費と参加費に地区補助金を充てることができるようになりました。「プロジェクトフェア」への地区財団活動資金(DDF)の使用については、通常の地区補助金と同様、地区が承認します。

国際奉仕での協力関係づくりには、この「プロジェクトフェア」をぜひご活用ください。    
新しいパートナー
経済平和研究所:平和・紛争研究の分野の第一人者である研究機関。 紛争の根源に取り組み、平和を築くための方法を探るロータリアン、ローターアクター、ロータリー学友を支援します。同研究所の無料のオンラインコース「ロータリー平和アカデミー(Rotary Peace Academy)」では、平和構築の新しい手段や、地域社会を動員して紛争の根本的な原因に取り組むための方法などが、対話型のモジュールを使って学べます。

国境なき調停団:安定した未来を目指して、クラブと地区、ロータリー学友と協力し、地域社会が紛争から立ち直り、違いを乗り越え、問題の深刻化を予防する能力を向上できるよう支援します。同団体は、ロータリアンとローターアクターに平和推進者となるための研修を提供しているほか、ロータリー学友を協力者やプロジェクトのリーダーとして活用しています。また、地域社会の調査や紛争の予防・解決プロジェクトにおいてクラブと地区を支援するほか、ロータリーのネットワークに平和構築のためのリソースを提供しています。     
アイデア応援サイトに関する最新情報
ロータリー アイデア応援サイトは、プロジェクトのための資金、ボランティア、協力者を募ることのできる、国際ロータリーのクラウドファンディングのサイトです。支援の種類(ボランティア、協力者、オンライン寄付、物資)で検索して支援するプロジェクトを探したり、自分のプロジェクトを掲載したりできます。クラブ明、地区番号、国名でも検索可能です。

最近まで、プロジェクトを掲載できるのはクラブ会長だけでしたが、地区リーダーも掲載できるようになりました。方法はこちらの資料ダウンロードしてご覧ください。ご質問がある場合はsocial@rotary.org にお問い合わせください。

c Rotary International
One Rotary Center, 1560 Sherman Ave., Evanston, IL 60201-3698, USA